借り換えキャッシング審査を通過するには




ついついキャッシングを重ねてしまって、返済額が手に余ってくるようになったなどというような状況を放っておくのは良くありません。



多重債務などと聞くと「自分はまだそんなに深刻な状況にまで至っていない」と軽く考えているかもしれませんが、多重債務になってしまうのは小額でも複数件のキャッシングを重ねるところから始まるわけです。



返済日に決して遅れることなくきちんと返済していくことは当然ですが、件数が幾つかあると返済日忘れや返済額の把握など煩雑になってきますし、そもそも分散した返済では金利の面でも不利です。



借り換えをして返済をまとめ、金利を低く設定することで総返済額や毎月の返済額を抑えることができる可能性を検討してみましょう。



ここでは借り換えるためのキャッシング審査を通過するコツについて箇条書きにしてご紹介します。



・申し込みの前に「お試し審査」的なものがあれば活用してみましょう。



・キャッシング申し込みフォームの連絡先には自宅や勤務先の電話番号を必ず記載しましょう。

また、申し込みフォームの記載漏れやミスがないように見直しましょう。



・使っていないようなカードは全て解約しましょう。



・収入(年収)などについての質問には正直に答えましょう。

この時の申告を正確にしておかないと、後で調べたときにわかってしまい不利になります。



・調べればわかることですから、借り入れ件数も正確な申告が必要ですが、他社の借り入れ件数は多くても3件までに借り換えや返済などでまとめておきましょう。



・借り換えの申し込み先は慎重に選び、一度に何社にも申し込みをしてはいけません。

先方にはわかるようになっていますので審査に不利になります。



おまとめローンの利用には






キャッシングの審査には在籍確認書類や給与明細などが必要ですので、あらかじめそろえておくとはやく対応してもらえます。キャッシングの長期間の延滞や債務不履行で信用情報機関のブラックリスト入りすると数年間はローンを組んだり、クレジットカードの利用ができなくなります。低金利な借り入れに借り直すのが一番ですが、借り換え金額が大きくなると審査の厳しさの課題が出来てきます。
銀行系カードローンをスペックで選ぶ
キャッシングを借りるとしたら、所得証明が必要ない10万円くらいから借りる人が多いかもしれません。長い期間にわたって返済し終えずに借りたままを繰り返すのは貸金会社にそのあいだ中金利を支払う状態ですのでとてももったいないと思います。カードローンで一本化することの利点は金利が低いローンにおまとめすることで利息の総額を減らしたり返済の管理を楽にできることです。





借り入れの金額と返済し終わった額






借入額と返した金額、また毎月の返済額と今の融資残高をエクセルなどでわかりやすくしておくことがいいですよ。消費者キャッシングでは貸金業法で、融資金額が50万円以上の融資または合計100万円を超える融資の場合は所得証明書の提出が条件となるので審査が厳しくなるようです。いくつもの金融機関にキャッシングしていることをいわゆる多重債務者といいますがこの多重債務者の状態は借り換えを賢く使うことで金利以外にも利点があります。長い間完済せずに借金を背負った状態を続けるのは金融機関にそのあいだ中金利を支払う状態ですのでかなりもったいないと思います。
オリックス銀行カードローン審査時間
多くの場合カードローンを借りる場合、利用明細が郵送されますがテレビ窓口などで書類の送付なしで借りられる仕組みに切り替えることもできます。キャッシングを借りる場合、審査がゆるい数十万円程度から利用する人がほとんどでしょう。





借り入れの返済が滞った場合






キャッシングの返済の遅延や自己破産などで信用情報機関のブラックリスト入りすると数年間はローンの借り入れができなくなってしまいます。消費者ローンをおまとめ一本化することの利点は金利が低いローンに一本化することで返済負担を軽くしたり毎月の負担を減らせることです。カードキャッシングを利用していて、何件かの借り入れ先からの消費者ローンを使っている状態になると返済する貸金業者が何社にもなり返済の管理がややこしくなってきます。キャッシングの実質年率は借入限度額により変動しますので100万以下の利用額であれば十数%も長期返済する必要がでてきます。カードローンの利用には、在籍確認書類や収入証明のための書類が必要とされますので、前もっと準備しておきましょう。
プロミスで審査を申し込んだ時は、在籍確認のために職場への電話確認がありました
円滑に借入審査にうつれます。おまとめ一本化する場合、総量規制が適用される、貸金業者でも例外規定があって融資が活用できる場合があります。

前の記事